【やさしい】Googleタグマネージャー(GTM)初期設定

Googleタグマネージャー(GTM)の初期設定方法を、画像を用いて説明をします。ステップはカンタン3ステップ。サイトを作ったらまずは入れておきたいGTM。アカウントの発行、GTMコードのインストール、インストール完了の確認方法を説明して行きます。

Googleタグマネージャの設定

準備するもの

  • Googleアカウント(アカウントをお持ちでない方は、こちらから作成してください。)
  • Googleタグマネージャーを設定するWEBサイト

初期設定のステップ

  1. Googleタグマネージャー(GTM)アカウントの開設
  2. WEBサイトにGoogleタグマネージャーをインストール

Googleタグマネージャー(GTM)アカウントの開設

Googleタグマネージャーにアクセス

Google Tag Manager にアクセスしてください。

下記のような画面に飛んでいればOKです。

アカウントを作成

画面右上(下記画像の赤枠で囲った箇所)から、アカウント作成を行います。

アカウントの詳細を入力

アカウント名

あなたのウェブサイト名を入力してください。
(例:フィンキック

あなたのウェブサイトを運営する主な国を選択してください。
※この解説を見てくださっている方は「日本」になるかと思います。

コンテナ名

https:// から後ろのURLを記載してください。
(例:https://www.finkick.jp の場合 www.finkick.jp を入力)

ターゲットプラットフォーム

ウェブサイトを運用する方は「ウェブ」を選択。
使用するプラットフォームに合わせて選択してください。

 

すべての入力が完了したら画面左下の「作成」ボタンをクリック。

利用規約に同意

  • 画面左下の「GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します。」を確認後、チェックを入力
  • 利用規約の内容を確認後、ページ右上の「はい」をクリック。(現在、日本語版の利用規約はありません)

WEBサイトにGoogleタグマネージャーをインストール

Googleタグマネージャーのタグをコピー

メモ帳アプリなどに、①、②をそれぞれコピーして保存をしてください。

WEBサイトにタグを設置

WebFlowの場合

  1. Dashboard→Custom Codeから、タグを追加。
  2. Head Codeに、先ほどコピーしたコード①をペースト
  3. Footer Codeに、先ほどコピーしたコード②をペースト
  4. 「Save Changes」 をクリックして完了

WordPressの場合

  1. 外観→テーマエディターを開く
  2. テーマファイル内にある「テーマヘッダー」を選択
  3. <head> </head>の間に、先ほどコピーしたコード①をペースト
  4. <body> のすぐ後に、先ほどコピーしたコード②をペースト
  5. 「ファイルを更新」をクリックして完了

まとめ

以上で、Googleタグマネージャーの初期設定の解説は終了となります。
慣れれば、作業自体は数分で完了しますので、ぜひこの機会に数回見直しをしていただければ幸いです。
具体的なGoogleタグマネージャーの活用については、別記事で随時解説して参ります。

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.

最新の投稿

他の記事をのぞきにいく
Sorry, there aren't articles yet

Subscribe to our newsletter and be the first one to know when we publish a new article!

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong.